【サーバ】Munin祭り


サーバ監視ツールであるMuninですが、初めて別サーバのリソースを取ってみたりと、色々やってみました。

監視対象サーバのIPフィルタリングでハマりがち。

弾かれていれば以下にログが出ているのでチェック
/var/log/munin-node/munin-node.log

▼接続チェック1
# telnet xx.xx.xx.xx 4949
Trying xx.xx.xx.xx…
Connected to (xx.xx.xx.xxサーバのホスト名).
Escape character is ‘^]’.

↑はOKの場合。
ダメならconnection refusedとか
Connection timed outが出る。

▼接続チェック2
# munin-node at (xx.xx.xx.xxサーバのホスト名)

設定変えたらmunin-nodeの再起動をお忘れなく

【注意するポイント】
・監視対象サーバの /etc/munin/munin-node.conf で、
監視サーバのIPが許可されているか。
allow ^xx\.xx\.xx\.xx$

・Apacheが監視対象に入っているのであれば
ステータス取得の設定に、監視サーバのIPが入っているか
<VirtualHost *:80>
ServerName 127.0.0.1
<Location /server-status>
SetHandler server-status
Order deny,allow
Deny from all
allow from 127.0.0.1
allow from xx.xx.xx.xx # ←ここ
</Location>
</VirtualHost>

・監視対象サーバのiptablesで4949ポートが許可されているか
-A INPUT -m state –state NEW -m tcp -p tcp –dport 4949 -j ACCEPT

【参考URL】
http://guide.flexserver.jp/help/flexs/guide/grp49/guide581

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。