まだ続けるんかい…


▼“うるう秒”しばらくは存続、ITUの世界無線通信会議で決定
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20151120_731707.html

やらないといけないことはわかるけど、やらなかった時にどうなるかはあまり考えたことなかったな…。

1秒の影響でシステムダウンするとか、ユーザからしてみれば全く理解できないよね。私自身、あんま理解できてないし。電波時計とかNTPが時刻を受信して、本来の時間に変わった時におかしな動きをするなんて、そんなことあるの?!って思っちゃいますよ。

単にシステムの作りが悪いだけのような気が…。変な要件出すからそうなるんだよ。システム作った時の謎要件が、今の担当者の悩みの種みたいになるんでしょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。