【本の紹介】宮脇淳子 著「かわいそうな歴史の国の中国人」


先ほどちょうど読みきったところなのですが、今までの自分の中国に対する理解の浅さを痛感しました。中華民国は消滅した訳ではなく台湾で生き残っていることや天安門事件に至る顛末、チベットやウイグルの問題は具体的に何なのか、などなど。大変勉強になりました。

中国人の国民性も歴史的背景から説明されており、何かと中国人が嫌われるのも納得がいきました。感情的ではなく、とても理路整然としていて大変読みやすく、一気に最後まで読んでしまいました。オススメです。

ちなみに私は楽天KoboのPCアプリで読みました。現状、電子書籍だと280円安く買えます。

かわいそうな歴史の国の中国人 [ 宮脇淳子 ]

価格:1,080円
(2015/8/3 01:57時点)
感想(2件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。