月別アーカイブ: 2016年1月

【Sec/Tech News】2016/01/31

今週のセキュリティ寄りだけど、そうじゃないのも混じってるニュースだよ。

2016/01/27
マイナンバーシステムで連日障害 – 一部自治体で業務処理できず
http://www.security-next.com/066290

2016/01/26
[データは語る]標的型攻撃メールと思われる不審メールの情報提供は2015年第3四半期に723件と急増―IPA
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/110601779/012600484/

2016/01/26
核関連機関の端末が不正通信 – 核物質防護への影響は否定
http://www.security-next.com/066164

2016/01/26
ランサムウェアに関する相談件数が増加、IPA「コンピューターウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20160126_740607.html

2016/01/26
パソコン上で身代金を要求!? 世間を騒がせた「vvvウイルス」の正体とは
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/sec_kihon/20160126_740581.html

2016/01/26
「Tor」プロジェクト、クラウドファンディングで20万ドルを超える資金を調達
http://japan.cnet.com/news/business/35076817/

2016/01/26
サイバー人材を育成し多面的な対策を
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO96537550W6A120C1EA1000/

2016/01/25
[データは語る]2015年第4四半期の不正プログラム検出数は前四半期比105.5%増、12万件突破──IPA
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/110601779/012500481/

2016/01/25
3500超の正規サイトに不正コード – 閲覧によるマルウェア感染なく情報収集目的か
http://www.security-next.com/066211

【Sec/Tech News】2016/01/24

今週のセキュリティ寄りだけど、そうじゃないのも混じってるニュースだよ。

2016/01/21
草薙素子が君をスカウト? IPAが攻殻機動隊とコラボ
http://www.security-next.com/066112

2016/01/18
美少女が「おかえり」オタクの夢を叶える「Gatebox」
http://ascii.jp/elem/000/001/106/1106202/

2016/01/20
人類は前進しないのか! 2015年もっとも使われたパスワード
http://www.gizmodo.jp/2016/01/password123456.html

2016/01/20
この脳内チップは、自動的に消滅する
http://www.gizmodo.jp/2016/01/brain.html

2016/01/20
まさに攻殻機動隊。脳でコンピューターを操る埋め込み装置が開発中
http://www.gizmodo.jp/2016/01/20160129ndarpa.html

2016/01/20
絶対に使ってはいけないパスワードとは?
http://jp.wsj.com/articles/SB10152201462225363779004581489272036335048

2016/01/19
人工知能研究スパコンで 文科省、ポスト「京」用ソフト開発へ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG14H0O_Z10C16A1MM0000/

英語ニュースを見よう!

私は以下のアプリで英語ニュースを見ています。まだまだアプリの使い勝手が良くはないですが、複数のメディアを見れるので重宝しています。

▼Scan News
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nextmining.android.reader

さて、日本でも朝日は最も左翼寄り、産経は最も右翼寄り、と言われていますが、もちろん海外でもメディアによって方針が違います。

▼櫻井さんが「NewYork Timesは反日」とおっしゃってますね
https://www.youtube.com/watch?v=RJdHTrgybOg

英語力の向上を目指すのはもちろんですが、同時に各メディアがどういう前提でニュースを扱っているか捉えていくと、更に見えてくるものがあると思います。

基本三大性

私の10代は、どうにも色々と考えないと気が済まない時期でした。そんな中で、これから生きていく上で基本となる方向性はこれだな、と思ったのが基本三大性でした。

【基本三大性】
 ・永続性
 ・柔軟性
 ・発展性

常に成長し続けること。されど変に固執せず、柔軟な判断ができるようにすること。長い目で見れば、それが間違いなく右肩上がりに成長していることを期待する。成長が鈍くとも良い。少なくとも落ちていなければ…、と。

皆さんはどう思われますか?

Youtubeの紹介「【怖い大人の雑学10後編】知ったらきっとあなたは後悔する The 大人の雑学10.5[閲覧注意]」

▼【怖い大人の雑学10後編】知ったらきっとあなたは後悔する The 大人の雑学10.5[閲覧注意]
https://www.youtube.com/watch?v=Sqe4Sdx_tDo&feature=youtu.be&t=833

この動画、ネタだったはずなのにいつの間にかえらいシリアスネタを扱うようになってますね。

難民の話(1:03~1:44)
日本が受け入れたシリア難民は11人。正しい判断と言えます。今になって、ヨーロッパ諸国で難民を受け入れた国々が、難民の扱いに苦労しています。レイプ事件の急増など、恩を仇で返すような事態に陥っています。

世界の人口の話(1:44~2:34)
私が高校の時点で、人口爆発が近々起こり平和なんて吹っ飛ぶと言われたものですが、まだ身近には感じられません。しかし、確かにそれに向けて刻一刻と、吹っ飛ぶ時は迫ってきています。今の世界は決して平和ではありません。

電通の話(3:09~7:20)
広告代理店のドン、電通。その存在はあまり知られていないが、日本のメディアを掌握し、あまつさえ政治に口出しすることすら可能であるという。事実、社会的に葬られた人がいる。朝日・産経だののレベルではない。マスメディアにはそれ以上のヤバい存在がいることを知っておかなければならない。あと、創価学会の批判もダメらしい。私は手遅れかな? この間、統一教会のネタを出しただけだからまだセーフか。終盤で出ていますが、韓国勢力の臭いがしますね…。日本、ホント大丈夫か!?

コミンテルンの話(12:05~13:55)
二番目に言いたいところ。この辺は小林よしのりの戦争論でも指摘されていますが、アメリカもソビエトの傀儡だったという話。そこにはユダヤの影が見て取れるのだとか。ナチスドイツに締め上げられたユダヤ。あの人達は一体何者なのか。まだまだ勉強中ですが、世界のウラの存在であることは間違いありません。気を許して良い相手ではないでしょう。

WGIP:ウォー・ギルド・インフォーメーション・プログラム(戦争責任周知徹底計画)の話(15:52~18:40)
一番言いたいところ。当ブログでも過去に取り上げていますが、その文書の存在が確認されたのはつい最近、2015年4月の話。まさか戦後70年まで隠しおおせるとは…。マッカーサー元帥の発言:「この民族は、終身、歴史を教えてはならない」。その意味を、我々日本人は重く受け止めなければなりません。

なぜ歴史を教えてはならないのか。何の不都合があるのか。私はここ100年の歴史をよく知りません。小林よしのりの戦争論で初めてその片鱗に触れました。学校教育で理解できたことなどありません。ただ、日清戦争に勝ち、日露戦争に勝ったというだけで、その後の第一次世界大戦のこともよく理解せず、第二次世界大戦で敗北したことだけを知っています。学生時代に見たNHKドラマの「坂の上の雲」を見て、日露戦争がどういうものだったのかを知るきっかけになりはしましたが、他の理解は進んでいません。

日本人はとても強い民族なのです。事実、世界に天皇に当たる存在を頂いて、2676年(皇紀)の間、続いた歴史を持つ国は、他にはないのです。イギリス王国の女王ですら、天皇陛下には最高級のおもてなしをするレベルです。日本人はあまり意見を言わず、何を考えているのか分からないと言われます。でもそういうところ、とても大事にしたいと思います。それは柔軟である証拠なのです。若い国家であるアメリカを見ていると分かるでしょう。とても硬い。すぐに首が回らなくなって、戦争に手を出し始める。日本はアフガンやら戦地に行ったとしても、自衛隊の皆さん、現地の人達に大人気じゃないですか。これが日本人たるところですよ。

例えWGIPの影響があったとしても、無意識的に我々は日本人の血を活かし、日本人たろうとしています。WGIPを直に浴びたじいちゃん・ばあちゃん世代から2代。我々は、意外と強かにやっているのですよ。そう意識はしていないのですけれども。そんな日本人でいられて、私はとても幸せなのです。

今年は「泰然自若」!

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、皆様。今年の抱負は立てましたでしょうか。私は毎年、抱負として一年間のキーワードを立てていますが、今年のキーワードは「泰然自若」としました。

年齢としては、今年の6月で31歳になります。若手からは脱却し、徐々に働き盛りの主戦力としての仕事を期待されています。特にシステム屋において、ドーンと構える姿勢は、マネージャであれ技術屋であれ大事なことです。

私は比較的落ち着いていると見ていただける性質を持ってはいますが、内実としては焦って、わたわたしていたりします。焦ると仕事が疎かになって、品質の低いものを出してしまったりします。20代ならそれでも、「頑張ってるから…」と許してもらえました。しかし既に30代。自分の中で品質を定量化し、これより劣化するものは出せない、という物差しを用意しておかないといけません。

マネージャではなく技術屋だからそんなこと気にしなくていい、と思っていては不十分です。プロフェッショナルの仕事とは言えません。職人であるならば、納得できる品物を作れるよう、頑固にこだわる姿勢を大事にしないといけません。こだわりを維持できなければ、30代・40代定年説なんてものが、現実的になってきてしまうのです。でもこだわりを大事にしていれば、そんなものとは無縁に仕事をできるはずです。

泰然自若。IT業界に限らず、すごいなあ…と思える人は、いつも落ち着いていて的確な判断をします。とても論理的な指示をします。この30代のうちに、そういった能力を身に着けていきたいものです。

▼高校の時に読んで、SEを目指すきっかけになった本です。SEはいずれサービスエンジニアとなるという。私はまだまだですね。

それでもSEになりたいか

中古価格
¥1から
(2016/11/8 02:45時点)